マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

20年後の自分に褒めてもらえる家

投稿日:2016年6月25日

独身主義というのOさんから、将来、車椅子生活になった場合を想定した広さ30坪の『涼温な家』を依頼された。

できる限り公的支援を受けないで自力で人生を全うしたい。

外出は電動、室内は手動にして乗り換える。風呂はシャワーでよく、キッチンは必要最小限の設備。

太陽光発電は、望まない。

2階は、兄弟が泊まりに来てもいいように、寝室を3部屋。


人を頼らず、生活の質を落とさず、快適な暮らしをしたいとネットで調べていくうちにたどり着いたのが「涼温な家」だったそうだ。

「きっとこの家を選んだことは、20年後の自分に褒めてもらえますよ」

Oさんは、笑顔で断言されながら、契約書にサインをされた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年