マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

大工のやる気

投稿日:2016年3月19日

会社から車で10分ほどのところで上棟したKさんは、こんな挨拶をされた。


「健康に役立つ家」とか「医師が薦める家」とか、私のように健康を第一に考える者にとって、関心を惹かれる本はいろいろとありました。

「『いい家』が欲しい。」を読んでつくづく納得したことは、構造・断熱・換気・冷暖房と健康との関わりについてでした。そして、健康を失って病院にお金と時間を使うのは、本当にもったいないということです。


勉強会は、大変役立ちました。

3人の著者のお人柄に接し、住み心地を体感できたことで迷わず決断できました。

とくに、長年にわたって住み心地の向上に努めて来られた会長さんのお話は説得力がありました。


工事が始まって、現場に出入りする職人さんたちのマナーの良さ、道路の清掃などご近所の方々からお話を聞くたびに、マツミさんに頼んで良かったと思っています。

完成する頃に、孫の誕生が予定されています。

「涼温な家」を選択した私の責任は重大です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


現場のすぐ近くには、住友林業、一条工務店の家が建っている。

「マツミの家は、住み心地と大工のやる気では、絶対に負けません」

二児の父親である棟梁の安部さんは、自信にあふれた笑顔で応えた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年