マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

晴れ舞台

投稿日:2016年3月25日

昨日、東京都青梅市のI邸が無事上棟した。

Iさんは、こんな挨拶をされた。


仕事の合間に何度も見ては感動していました。妻が言うには、みなさんの動きを見ていると、まるで厳しいリハーサルを繰り返し行って、今日が晴れ舞台と言う感じがすると。

そのとおりだと思いました。みなさんの動きは、名優の演技を見る思いがしました。何一つ無駄がなく、真剣で誠実で、私たち家族のためを思って働いてくださっていることがひしひしと伝わってきました。

仮住まいの近くで、大手ハウスメーカーさんが上棟していますが、この現場の様な空気感がまるでありませんでした。

構造が違うからというだけでなく、働く人たちの姿勢にはっきりと違いを感じました。

マツミさんと、職人さんとの信頼関係が随所に見られ、安心させられました。

建てて良かった、マツミさんにお願いして本当に良かったです。

これまでの家は、冬はもちろん寒かったですが、夏の暑さにはほとほと参っていました。母が元気なうちに、「涼温な家」に住みたいという願いが叶いそうでうれしくてなりません。

ライトアップされた「TIP構法」の美しさは、子供たちにとっても一生忘れられないものになるでしょう。


傍らで、奥さんと子供たち、そしてお母さんが大きく頷かれていた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年