マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「住む楽しみ」

投稿日:2016年4月2日

東京都国立市のH邸のお引き渡しが無事終わった。

国立駅から南に直線で延びる大通りの桜並木は満開で、大勢の見物客で賑わっていた。


「桜の満開の日に、お引き渡しを受けるなんて本当にうれしいです」

Hさん親子の喜びもひとしおだった。


「涼温な家」にたどり着いた最大の理由は、久保田紀子さんの「さらに『いい家』を求めて」にあったとお母さんが語られた。


「はじめに」の冒頭にある「あなたは『住む楽しみ』をご存知ですか?日々、住み心地に満足し、喜びを覚えていますか?」という問いかけが、心に響いたからだそうだ。

「『住む楽しみ』に感動するような家に住んでみたい。

こうして、お引き渡しを受けて、その願いがきっと叶えられると実感しています」。

お母さんは、満開の桜のような笑顔で言われた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年