マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

父の見守り

投稿日:2015年11月26日

(ヨブスの手染めのテキスタイル)


東京都町田市南つくし野のT邸のお引き渡しが無事終わった。

1階が45坪、2階が20坪、吹き抜けが2か所あるゆったりした間取りの家が、どの部屋に行っても、廊下もトイレも脱衣所も感動的な暖かさに包まれていた。

「仮住まいは広いのですが、寒いし暑いしでエアコンをつけた部屋以外には行きたくないので、ついつい運動不足になってしまい、契約した時と比べてちょっと目方が増えた気がします。

でも、この家はどこでも歩きたくなる感じ。お掃除をするのも楽しそう。体重がすぐに元に戻りそうですね」

Tさんは、満面の笑みで言われた。

お引き渡し書にサインをされて、

「ちょっと淋しい気もします。あんなに毎日一生懸命に働いてくださった方々のお姿が、もう見られないのですから。みなさんがとても気持ちのいい人ばかりで、心のこもった働きぶりにいつも感動していました。庭の木々は、父が愛好していたものばかりです。工事中も、そしていまも、みなさんに感謝しつつ見守っていてくれると思います」

Tさんの目に光るものがあった。

「この気持ちの良さに、みなさんの心意気を感じます」

うれしいお言葉を頂戴した。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年