マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「涼温換気」特許査定

投稿日:2015年9月8日

「涼温換気」の特許査定が下りたという知らせを受けたとき、私は「新・住み心地体感モデルハウス」の現場にいた。

雨が心配だったのだが、安部棟梁は「二階の一部がほんの少々濡れているだけです」とにっこり笑った。

「それにしても、昨日の養生の手際よさに感心させられたよ。30分はかかるとみてたのだが、正味15分だった。終わるや否や雨が降ってきた。

この家は、ついてると思ったよ。

安倍ちゃん。この新・体感ハウスはついているぞ。いま電話があってね。『涼温換気』の特許が取れたそうだ」

「えっ、特許は取れていたのでは?」

「あれはね、『センターダクト』方式の換気で、今度はエアコンと組み合わせるところが特許を認められたんだ。安部ちゃんは、構造と断熱でがんばってくれ。換気と冷暖房は、特許を活かす。そうすれば、最高の住み心地になるぞ!」

「やりがいがありますね。みんながんばろうな!」

棟梁の掛け声に、弟子の榎本、円成・川口が目を輝かせて「がんばります!」と応じた。

「明日の台風は、我々が現場にいますから心配ありません」

棟梁の声は、自信にあふれていた。

なんとも頼もしい大工さんたちだ。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年