マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

ご縁があって

投稿日:2015年7月5日

今日の勉強会に、4歳になる双子の姉妹が参加した。

チェックの揃いの柄のワンピースを着て、髪を三つ編みにした姿は実に愛くるしかった。

よく見ると、服のデザインが袖、襟、ウエストの部分で違っているだけでなく、三つ編みも姉は一束に、妹は二束と分けられていた。

双子を育てるたいへんさよりも楽しみが見て取れて、私はうれしくなった。


ご両親とおじいちゃん、おばあちゃんは最前列に座っていたので気付かなかったと思うが、私はほんの数分の間、二人に最後列に座ってもらった。

二人の記憶に残るとは思わないが、ご縁があって「涼温な家」に住むことになったら、10年後、20年後に、こんな写真があれば一家の団欒はさぞかし楽しいものになるだろうと想像しつつシャッターを押した。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年