マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

長年の肩こり

投稿日:2015年3月10日

(CDエアコン1台。出力3.5kw。23時停止。上が書斎、下が外の温度・湿度)

今日の天候は、荒れ模様だった。

12時過ぎて事務所で打ち合わせをしていたお客様は、デジタル温度計が表示する外気温が見る見る内に5度も下がって8度になったのに、室内温度は22度のままで変化しないことに驚かれていた。

10時からエアコンが停止しているのを知ってさらに驚かれ、寒がりのおじいちゃんに一日も早く住まわせてあげたいと、昼食抜きで2時近くまで打ち合わせに熱中された。


帰り際に満面の笑みで言われた。

「暖かいって、本当にすばらしいことなのですね。私は、根を詰めるとすぐに肩をはじめ、首筋がこって辛くなるのですが、今日は4時間近く頑張ってもこりをまったく感じませんでした。

おじいちゃんの長年の肩こりも、楽になるかもしれませんね」。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年