マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

音楽が楽しめる家

投稿日:2015年3月23日

杉並区のT邸をお引き渡しして13年が過ぎた。

「涼温換気」にリフォームしたいということでお邪魔した。

打ち合わせが済んで、出されたお茶をいただくのももどかしく感じていた私の表情を読み取ったように、Tさんは言われた。

「『涼温な家』の住み心地のように、従来では考えられないすばらしい音をお聞かせしましょう」

「タイムドメインのyoshi9ですね」

案内されたのは、1階にあるオーディオルームではなく、2階の8畳間だった。

テーブルにプロジェクターがあり、高さ1.3メートル、半径10センチ程度の円筒が左右にあった。それがyoshi9だと説明された。私が愛用しているバング・アンド・オルフセンのスピーカーも独特の形状をしているが、これはシンプル過ぎて面白味がない。私は、少なからずがっかりした。


「このソファーにお掛け下さい」

Tさんが、小さなリモコンを操作した。

座るや否や横3.6メートル、縦2.4メートルの壁面いっぱいに広がったオーケストラの演奏が始まった。生演奏でしか聴けないすごい音、美しく躍動する画面。一瞬にして、コンサートホールにいるかのような錯覚に陥ってしまった。音像が満ち溢れ、脳の中ではじけ飛ぶ。

約20分ほどで終わったのだが、私は感動で言葉を失った。

音楽家の心まで伝えたいと願って作られたスピーカの音色は、とにかく心地よかった。


昨年、「涼温換気」にリフォームしたオーディオ好きなお客様が、音が良くなったと喜ばれていた。また、ピアノの音、バイオリンの音が良くなったと言われる方もいらっしゃる。

はたしてTさんは、なんと言ってくださるか楽しみだ。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年