マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

夏の電気代

投稿日:2014年9月6日

(「電気家計簿」・昨年9月から今年8月まで。

真ん中がOさん宅。上は地域のよく似た家庭。下は省エネ上手な家庭)


「涼温な家」に住んでいるOさんから、電気料についての報告をいただいた。

Oさんは、CDエアコンを今年の夏は24時間、28度設定で運転してみたそうだ。

<涼温換気システムの省エネ効果については、東京電力が新たに提供を始めた「電気家計簿」の他家庭との比較のグラフをご覧ください。建物条件、家族構成、太陽光発電の有無を考慮しての比較と東電は言っています。

その結果は、「省エネ上手」の家庭と比較して若干使用電力が上回っていますが、ほとんどの家庭が、局所間欠冷房であるのに対して、私の家は24時間、家中が湿度50%台で、エアコンの風に悩まされることなくとても快適でした。エネルギー効率の良さが読み取れます。

恐らく住み心地に関しては、前者に対して格段の優位性があるものと推測します。>


拙著「涼温な家」に、「住み心地を楽しんで暮らしてみたら、意外なほど省エネで済んだと満足する家づくりをお勧めします」と書いたが、実際お客様方からも、猛暑が連続した夏を、省エネで快適に過ごせたと喜びの声が多数寄せられている。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年