マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

大手ハウスメーカーでは造れない家

投稿日:2014年7月29日

今日、「いい家」をつくる会では午前10時から午後5時まで、「涼温な家」出版記念勉強会を開催した。

出版記念となれば、ビールで乾杯であってもよさそうだが、私は、勉強することを望んだ。それに応えて、関越地域の会員が社員と共に約70名参加してくれた。

空気が気持ち良くて、夏は涼しく、冬は暖かくと書くことは誰もできるが、住み心地を保証するのは簡単なことではない。

相応の勉強が絶対に必要である。勉強を重ね、しっかりした換気計画を立て、CDエアコンの効果を的確に発揮させるダクティングができると感動的な住み心地が生まれる。そうはならない場合には、ダクティングを修正し風量の調整を行うならば、お客様のご期待に違うことはまずない。

途中3回用意した10分間の休憩を5分に短縮し、さらに終了予定時間を30分延長して、大手ハウスメーカーでは造れない家なのだから、「いい家」をつくる会の会員でなければ造れないのだからと、みんな目を輝かせて勉強した。

終わって、会場には「実に為になった」という感想があふれた。

次回の勉強会は、8月6日に大阪で行う。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年