マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

20年目のお祝い

投稿日:2014年6月5日

「松井さん、お元気ですか?」

Sさんの奥さんのお声を聞くのは、久しぶりだった。

「今日は、この家に住んでちょうど20年目になりました。10年目の日に、私たち夫婦は誓い合ったのです。こんな住み心地の良い家なのだから、もう10年、元気に暮らしましょうと。その願いが実現したのです。主人は91歳、私は88歳です」

声が、50代の女性のように若々しく弾んでいた。


この前お声を聞いたのは、たしか5年前、この家には温度差がないのでドアが必要ない。この際、トイレのドアもはずして欲しい。互いにどこにいても気配を感じていたいという相談を受けたときだった。


訪問すると、玄関先で片付け仕事をされていた奥さんが、二階に向かって「あなた、松井さんよ。すぐ下りてきて!」と声を張り上げると、「おーっ!」というご主人の返事が聞こえ、直後に階段を下りる足音がした。

その音の力強さからは、とても91歳という年齢が想像できない。私は感嘆して言った。

「力強い足音ですね。まるで若者のようでしたよ」

ご主人は、満面の笑みで言われた。

「マツミさんのおかげですよ。マツミさんにいつも見守られていると思うと、心強いです」

「ところで、寝室はいまも二階ですか?」

奥さんが笑って答えられた。

「そうですよ。だって、1階はこの子たちのものですから、私たちは二階です。この子たちのためにも二人は長生きしなくては」。

足元に、愛猫が3匹まとわりついてきた。

そのうちの一匹が、私を見上げて言っているようだった。

「本当に、この家は住み心地がいいよ」と。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年