マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

梅雨入りの「涼温な家」

投稿日:2014年6月7日

東京体感ハウスに、午後3時にお客様が来られるというので、30分前に点検に行った。その時にプリントアウトしたデータである。

「第一種全熱交換型換気だけで、内部の相対湿度が平均で47.5%と実に爽やかな状態だった。外部は、96.5%。


21時50分、外部の温度は16.5℃、書斎は24.5℃、相対湿度55%とすこぶる快適だ。


担当者からの報告の声が弾んでいた。

「感受性がとても豊かな奥様で、接していて楽しかったです。

息子さんたちに、このすばらしい爽やかさを伝えたいとおっしゃるのでデータをプリントアウトして差し上げました。

床下でも、室内干しができることに大変驚かれ、機械換気の重要さに気付けて本当に良かったとご夫妻で喜ばれていました」とのことだった。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年