マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

CDエアコン

投稿日:2014年4月7日

今夜も外気温が10度を下回っている。

わが家では、18時頃から先ほどまでセンターダクト(CD)エアコンを70%節電モード・弱風でつけていた。

犬の散歩から戻った女房が、「暑すぎる」と文句を言う。

たしかに、これでは温房ではなく暖房であり、寒冷な地で生まれ育った女房でなくても暑すぎる。

そう思って内外温度計を見ると、外気温は8度台まで冷えてきている。

私は、温度コントロールの責任者として「今夜は真冬並みの寒さだよ」と説明した。

すると彼女は、「同じ8度でも真冬とは寒さが違うのよ」と反論した。

そう言われるとそんな感じがするが、CDエアコンはこの頃のように日中と夜の気温差が激しい日に、実に効果的に働いてくれる。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年