マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

寒がりな愛犬たちのために

投稿日:2013年12月25日

ドックファッションデザイナーであるGさんご一家が、「涼温換気の家」を建てられることになった。

店の名前は、「PIM・LICO(ピム・リコ)」といい、ロゴの下には「picky mania limitation」とあった。私の英語力で瞬間的に理解したのは、「特別にこだわりのある人限定」であった。pickyを辞書でひくと「気難しい、きちょうめんな」と出る。つまり一般的には「うるさ型」として敬遠されるようなお客様はウエルカムですと言っているのだ。

すごい意気込みであり、自信である。

「よそへ行かれても、うちほど親切丁寧に思いやりがあって、なおかつファッショナブルな洋服は見つからないでしょう」と商売されているのだ。

マツミでは、「なおかつ」の後にこう加えるだろう。「冬暖かく、夏涼しく、空気が気持ちいい」と。そこを気に入っていただいて、寒がりで暑がりなワンちゃんたちのために「涼温換気の家」を選んでくださったのである。


いつものように連れて来られた4匹の犬は、車の中でおとなしく待っていた。今日は晴れて契約の日なので、帰り際に記念写真を撮るために外に出てもらった。ドッグレース用にとイギリスで生まれ育った2匹の「ウイペット」は、駐車場の中で見事な走りっぷりを披露してくれた。Gさんにだっこされていた臆病とされている小型犬の「トイマン」は、両手を差し伸べる私の懐に飛び込んできた。

写真の「フレンチブルドック」は、顔のとおりおどけたひょうきんさで一番の人気だった。


Gさんが、マツミに決めた動機は、90歳になられる母親の一言だったそうだ。

依頼先をどこにしたらよいかさんざん迷っていたある日、おばあちゃんが朝日新聞の天声人語の下に出ていた広告を目にされ、「この本を読んでごらん」と勧められたとのこと。住宅の本は、いろいろ広告されているのに「『いい家』が欲しい。」を勧めてくださった選択眼に感謝し、ご期待に精一杯お応えしたいと思った。

http://pimliko.co.jp/SHOP/33502i.html

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年