マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

うれしいお言葉

投稿日:2013年3月8日

花粉が大量に舞い、黄砂、PM2.5の飛来が確認された今日、1月19日のブログに書いた神奈川県茅ヶ崎市のA邸の地鎮祭が行われた。

祭事が終わって、Aさんは満面に笑みを浮かべて言われた。

「本当にホッとしました。これで、マツミの家に住めるようになると確信できました」

ありがたいお言葉である。

ご期待に精一杯お応えしよう。


帰る途中、横浜市港北区菊名のK邸に立ち寄った。

棟梁の大津さんは、「新換気」の家に住んでいる。

「家に帰るとホッとします。とにかく空気が気持ちいいので疲れが吹っ飛んでしまいます。花粉も黄砂もPM2.5も心配ないのですからありがたいです。女房の友達が遊びに来ると、みんな家に帰るのが嫌になると言うそうですよ」とうれしそうだった。


K邸の近くには、マツミの家が5軒ほど建っている。ソーラーサーキットの時代に建てたS邸を訪ねると、同居している娘さんが買い物から帰ってきたところだった。

お引き渡しをしたとき、床を這っていた赤ちゃんは小学校1年生になったそうだ。

「本当に住み心地がいいので、みんな毎日マツミさんに感謝しているのですよ」と、うれしいお言葉をいただいた。

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年