マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

きっとうまく出る!

投稿日:2013年8月24日

「涼温換気の家」で初めての夏を過ごされているお客様に、住み心地を伺った。


奥さんが、「それはもう快適で、家にいると猛暑をすっかり忘れてしまいます。エアコンと向き合わないで得られる涼しさって、こんなにもいいものだとは知りませんでした。前の家では、熱帯夜ともなるとみんな睡眠不足を嘆いていましたが、今年はぐっすりと熟睡できて、両親もとても元気です。いつも夏は食欲のなくなる主人ですが、今年はモリモリと食べていますよ。私はあせもが出なくて、夏の皮膚科通いがなくなりました。

先日、大学生の息子が友人の家に3日ほど泊まりに行きましてね、どうだったって聞いたのですよ」

息子さんはこう話されたそうだ。


「部屋はエアコンをつけっ放しで涼しいんだけど、廊下やトイレの中がムワッとして、すごく暑いんだ。トイレに入ったら、出したいものが出なくてね、汗ばかりがドット出るんだ。すっかり便秘になっちゃった。この家のすばらしさがよくわかったよ」。


奥さんは電話口で大笑いをされた。

思い出せば、私もいやというほど同じ体験をしていたものだ。

今日、友人の誘いでデパートのうちわ売り場に行った。彼女は三本のうちわをかわるがわる私に持たせて言った。

「トイレでね、使いやすいのを使うと出方が違うものなのよ」

私は、息子さんの話を思い浮かべつつ真剣に選択を手伝い、自分も一本購入した。

「これがいいわ。きっとうまく出るわよ!」と言いながら。

                      久保田紀子

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年