マツミハウジング 住み心地のいい家 
「涼温な家」 空気が気持ちいい地下室 東京 神奈川 埼玉 「涼温な家」マツミハウジング

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

この暑い盛りにエアコン撤去!

投稿日:2013年7月13日

川崎市幸区に建築するHさん夫妻とお母さんは、契約が終わって玄関ドアを開けられた瞬間に、「うわーっ、暑い!」と同時に叫ばれた。

「涼温換気の家、決めてよかったね」

ご一家は、交々笑顔で頷き合われながら帰って行かれた。


今日の新聞にも大きく取り上げられていたが、「猛暑でエアコン業界に特需が起きている」という。実際に、エアコンが品不足になっているそうだ。

だが、マツミの住み心地体感ハウスでは横浜から4台、東京からも4台のエアコンを撤去した。この暑い盛りにルームエアコンが一台もなくなったのだ。


今日、その横浜体感ハウスで打ち合わせをされたOさんご一家は、「涼しさにも松竹梅がある」という松井さんの持論にすっかり感心されていた。

ご主人は暑がりでエアコン大好きと言われているが、「涼温換気」の涼しさに大変ご満足されていた。

「暑い日が楽しみとなる家ですね」ご主人の言葉に、担当の設計士は「寒い日もです」と胸を張った。


昼食を近くのレストランに食べに行った。

席に案内されると、会長がいつものように天井を見上げて、「エアコンの風が来ないところがいいな」と言った。私も同感なので同じように希望した。涼温換気の家に住んでいる社長と専務も同じだったが、まだ住んでいない佐藤さんと三沢さんは気にしなかった。

それを見て会長が言った。

「涼温換気の家に住むと、エアコンの風がたまらなく嫌になるんだ。食事がおいしくなくなってしまう」と。

                      久保田紀子

  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年