涼温な家 空気がきれいな家 住み心地のいい家 自然素材の家 いい家 東京 神奈川 横浜 埼玉 マツミハウジング

フリーダイアル:0120-04-1230
H28.9.30
お客様の住み心地感想
お客様の住み心地感想
  • 「いい家」が欲しい。 新「いい家」が
    欲しい。
    著者 松井 修三
    第3刷発売!
    平成28年5月26日発行
  • 涼温な家 涼温な家 著者 松井 修三
    第4刷
    平成27年11月30日発行
  • さらに「いい家」を求めて さらに
    「いい家」を求めて
    著者 久保田 紀子
    改訂5版 第2刷
    平成26年9月29日発行
  • だから「いい家」を建てる。 だから
    「いい家」を建てる。
    著者 松井 祐三
    第2刷
    平成28年5月16日発行

涼温な家
松井修三

ルームエアコンによる「冷暖の時代」は終わった。「いい家」が欲しい。の著者が薦める「涼温」・健康な家づくりとは?!太陽光発電・自然素材・風の抜ける家に住んで「太陽光 貯まった金は 医療費へ」となったのでは、何にもならない。それらよりも大切なことは、健康寿命を延ばすことだ。「涼温な家」は、脳を活性化し、健康維持・増進に役立つ。


だから「いい家」を建てる。
松井祐三

PM2.5をはじめ、黄砂などの越境大気汚染、カビや花粉、「環八雲」の原因となる排ガス、続発する異常気象などを考えると、これからの家に求められるのは、シェルターとしての機能である。となれば、セントラルな第一種全熱交換型換気は必須だ。逆転の発想による「涼温換気」に、1台のCDエアコンを組み合わせる「涼温な家」は、換気及び全館空調の見直しを迫る。住み心地がいいのは、「涼温」なだけではなく、空気がきれいで気持ちいいからだ。しかも、省エネでエコな家なのである。


さらに「いい家」を求めて
久保田紀子

想像できますか?
家中が こんなにも暖かく
こんなにも涼しいことを
「これっ、たった1台のエアコンですよ!」

冬。外気温が2度の朝。
私は薄いパジャマで洗面所に立つ。
半袖のシャツに着替えて、朝食の支度をする。
娘が短パンで二階から下りてくる。
息子も半袖だ。
この家には、冬が見当たらない。

続きを読む


SA-SHEの家

「いい家」をつくる会

〔「いい家」が欲しい。〕という本を読んで「本の精神に則った家づくりをしたい」と名乗りを上げた造り手たちがインターネット上に「いい家」をつくる会を結成し各地で「いい家」づくりを実践しています。


お知らせ

  • 社員への言葉 創業者 松井修三
  • 採用情報

勉強会のご案内

涼温換気の家 住み心地感想

住み心地体感ハウス

松井修三の思ったこと、感じたこと

雨漏りセミナー
(2016年9月27日)
 日経ホームビルダー社が雨漏りに関してこんなセミナーの参加者を募集している。  参加費用は、29000円。対象は設計者・工務店。  <訴訟リスクから身を守るための極意を 法律面 技術面 経営面 から学ぶ!  これまで、雨漏りの瑕疵担保期間は、品...
盛り土と地震
(2016年9月26日)
 「盛り土と地山の上の建物は、どちらが地震に強いのですか?」  22年前に建てたS様からお電話をいただいた。  「うちは、地山の上に建てたから心配していないが、東京都は何をばかげた論争をしているのか。  豊洲市場は、盛り土をしないでコンクリートの箱を...
ブログ再開
(2016年9月23日)
 2006年1月10日から始めたブログは、今年、目標としていた10年が過ぎた。  ここらでデザインを変更して、気分を一新しようとホームページの管理会社に相談していた。  その最中に何が原因だったのかいまだに定かではないが、突然、ブログをアップできないハ...
知の巨人
(2016年9月23日)
(ピサロ エルミタージュの丘)  立花隆「読書の脳 ぼくの深読み300冊の記録」(文春文庫)を読んだ。  「知の巨人」と言われるだけに、関心領域の広さ、読書力の確かさ、驚異的な読書量に圧倒されて眠れなくなってしまった。  このような読者もいる...
「あたらしい家づくりの教科書」のウソ その2
(2016年9月7日)
 これからつくる家は、国が定める断熱基準以上の性能を確保して造らなければならない。  基準のレベルは低すぎる、これでは住宅後進国並みだと声高に叫ぶ学者や建築家がいる。  基準は、それぞれの国が、それぞれの気候風土やエネルギー事情を考慮して定めるのであっ...

お客様の住み心地感想コーナー

  • 涼温な家
  • 涼温な家
  • 涼温な家

マツミの得意とする家つくり

人にも環境にも「いい家」マツミのスマートハウス マツミの「ゼロエネ住宅」

東京で建てる本物の自然素材の家

東京で建てる
本物の自然素材の家

多雨で多湿の日本の家づくりには、日本の気候風土で育った国産材を使うのが理にかなっています。「マツミの家」では、構造の要となる土台や柱にはヒノキを、横架材には耐震性に優れたマツの構造用集成材、耐震補強TIP構法にも国産のヒノキやスギを使います。そうしてできあがる家は「自然素材の家」と呼ぶにふさわしい、住み心地のいい木の家となります。

国産の自然素材をたっぷり
使い、癒される家づくり。

空気がきれいな「マツミの地下室」

空気がきれいな診療所つくり

狭小敷地にも強い「マツミの家」

節電が楽しい「マツミの家」

地震に強い「マツミの家」

火災に強い「マツミの家」

 

性能評価・環境性能・保証

  • トップランナー住宅
  • 長期優良住宅

 

マツミの感動リフォームは専用サイトをご覧ください。

  • 涼温換気リフォーム
  • 完全外断熱リフォーム
  • 耐震診断+耐震リフォーム
  • 省エネ・エコリフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 外装・内装・外構リフォーム

▲ページの先頭へ