外断熱(外張り断熱) 木造注文住宅 全館空調 地下室
 住み心地のいい家 
マツミハウジング 
東京 神奈川 埼玉 横浜 千葉

今までに経験したことのない、

涼温な家の驚きの「心地よさ」を

ぜひ一度、体感ハウスで
ご体感ください。

涼温な家
住み心地体感ハウスを見る

REVIEW
住み心地感想

住み心地は、住宅展示場では見ることも聞くことも触れることも出来ません。

数値や理論で表されるものでもなく、感性で評価されるものです。

実際に暮らしている方の感想ほど参考になるものはありません。

BLOG
松井修三の
思ったこと、感じたこと

新しい家のカタチを教えてください!
(2020年1月6日)
大和ハウスの芳井敬一社長は、今朝の日経一面広告でこう訴えている。 <高齢化社会を迎え、家を長く大切にしていきたいという需要は、これからもっと高まっていくことでしょう。 そうした「ずっと住みたくなる家」にしていくためには、様々な工夫やメンテナンスも必...
「アマゾンで迎えるお正月」
(2019年12月30日)
毎年、妻と連れ立って、というか手助けのためにデパートの食料品売り場に行くのだが、今年は止めて「アマゾンで迎えるお正月」にすることにした。 そう方針を決めたのが27日の夜11時に近かった。 それには理由がある。 「2025年 人は『買い物』をしなく...
「涼温な家」に来た猫
(2019年12月1日)
私より8歳年上の曽野綾子さんは、「老いの才覚」(ベスト親書)に書いている。 「だれも長生きをしたいと願う。しかし、老いの名人・才人以外の多くの凡人は80歳を過ぎるころには連れ合いを失っていて、友人知己も死んでしまい、健康を損ない、まわりに集う人が年々減っ...
「いい家」をつくる会 セミナー
(2019年11月21日)
昨日、「いい家」をつくる会の今年度最後のセミナーが開かれた。 松井代表がこんな話をされた。 2020年代は、フィリップコトラーによれば「マーケッティング4.0」の時代。 スマホといかに上手につながるか、ネット上に存在する当会としては、正念...

SEMINAR
体感しながら学ぶ
勉強会

住み心地のいい家をつくるには、
構造・断熱・換気・冷暖房の4つの要素が大事であり、
その組み合わせ方によって住み心地は驚くばかりに変わります。
「住み心地体感ハウス」で住み心地を体感していただきながら、
「マツミの家づくり」を詳しくお話しします。

住み心地という視点に立つと、
家づくりの不都合な真実が見えて来る

<著者からのメッセージ>

拙著「『いい家』が欲しい。」は、1999年2月に出版してから20年間ロングセラーを続けている。「いい家」を建てたいと願うお客様はいまも後を絶たない。本を読んだお客様は「外断熱」の合理性とメリットを知るからである。

続きを読む

涼温な家松井修三

あなたは、エアコンの風が嫌いですか?

この本がお奨めする「涼温な家」は、エアコンの風が嫌いで、冷暖感が肌に合わないと感じ、なおかつ、空気の質にこだわる人に喜んでいただけると確信しております。

続きを読む

家に何を求めるのか松井修三

住み心地の良い家に住む喜びは、履き心地の良い靴、着心地の良い洋服、乗り心地の良い車と出合った喜びの数千倍にも優る。そして、一生その喜びは続く。お客様が語る住み心地感想を読むと、それが客観的な事実であることを誰もが納得するに違いない。

続きを読む

さらに「いい家」を求めて久保田紀子

家づくりは、選択の連続です。自分の物差しを持つことが大事です。私がお薦めする物差しとは、感性です。この本は、主婦の感性で語る家づくり論です。

振り返ってみれば、これまでには主婦に喜ばれる家を造るという発想が乏しかったのではないでしょうか。

続きを読む

だから「いい家」を建てる。松井祐三

この本を読むとよくわかることがある。

それは、上質な住み心地の家は、住む人の幸せを心から願って一棟一棟を手造りする正直な工務店にしか造れないということだ。

住み心地の質は、断熱と換気の方法によって大きく変わる。

続きを読む