外断熱(外張り断熱) 木造注文住宅 全館空調 地下室
 住み心地のいい家 
マツミハウジング 
東京 神奈川 埼玉 横浜 千葉

涼温な家 住み心地体感ハウス

松井修三の
思ったこと、感じたこと

「なんとなく」いいことが多い家

投稿日:2020年3月20日

世の中、インバウンドだ、オリンピックだ、株は上がるなどとはしゃぎ過ぎていたのかもしれません。

観光地はどこも混雑で、昨年訪れた京都嵯峨野の竹林は、多国語が飛び交う雑踏と化していて、竹林を抜ける風の音などは聞くべくもありませんでした。

それが突然、新型コロナウイルスが世界を震撼させ、先の見えない不安が増す一方の今日この頃ですが、来年の花咲くころには必ず終息すると願って写真を撮りました。


春先は寒暖差が激しいものですが、今年は特に前日と10度以上も違うなんて日があります。でも、わが家では、寒暖差によるストレスを感じる日はありません。

じっくりと本を読んだり音楽を聴いていると、「涼温な家」につくづく感謝したくなります。

そして、「『いい家』が欲しい。」の一節を思い浮かべます。

<「なんとなく」いいことが多い家、つまり住み心地の「いい家」に住む主婦は、自然と歌を口ずさみ、笑顔でいる機会が多くなるものです。>


「なんとなく」いいことが多い世の中になりますよう、心から願っています。


3年前に「涼温な家」を建てられたY様から、写真を添えてメールをいただいた。


松井修三プロフィール
  • 松井 修三プロフィール
  • 1939年神奈川県厚木市に生まれる。
  • 1961年中央大学法律学科卒。
  • 1972年マツミハウジング株式会社創業。
  • 「住いとは幸せの器である。住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない」という信条のもとに、木造軸組による注文住宅造りに専念。
  • 2000年1月28日、朝日新聞「天声人語」に外断熱しかやらない工務店主として取り上げられた。
  • 現在マツミハウジング(株)相談役
    「いい家」をつくる会代表
  • 著書新「いい家」が欲しい。
    (創英社/三省堂書店)
    「涼温な家」
    (創英社/三省堂書店)

世界に誇れる、住み心地いちばんの家を目指して 海外視察旅行記

アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年